管打楽器と音楽の季刊誌
BAND LIFE Vol.5 春号
特製ポスター付で
全国書店にて好評発売中!
価格:1,350円+税


浜松バンドクリニック。今年も収穫多かったです。

四万十町立大正中学校FARLY PITTA JAZZ ORCHESTRA&横浜音泉倶楽部

with清水康弘

今年も盛大に浜松バンドクリニック(日本吹奏楽指導者クリニック)が終わりました。写真は、小編成バンドの取り組み例のひとつとして紹介された、高知県四万十町立大正中学校FARLY PITTA JAZZ ORCHESTRAのみなさんと、指導に当たった清水康弘さん&横濱音泉倶楽部のみなさん。

少子化の波の中で、通常の吹奏楽編成が組みにくくなるなかでの生徒との葛藤や、そこからビッグバンド編成への変更を経てバンド活動が再生するまでを赤裸々に語ってくれた近澤先生の熱いトークに感動。

さらに、ウインズスコアの素材を使って、ジャズには不慣れな子供達を短期間で活き活きとしたジャズマンに変身させた清水さんの指導方法も、意外に面白かったです。よくある「なんちゃって」ではなく、本質を的確にとらえた指導だったんだな、ということが短時間の発表からもよくわかりました。

今回のクリニックでも数多くの情報をゲットしましたが、数多くの名曲・名編曲と出会えたことがなによりかな。このあたり、次号でしっかりお伝えします。

あ、あと地元浜松で活躍するチューバ奏者・土屋史人さん率いる浜松聖星高等学校(旧 海の星高等学校)の新しい姿に出会えたのもうれしかった!写真は、今年入った新入生男子たちと、当日客演指揮した大井剛史さんとの記念写真。初めての男子諸君、女子ばっかだといろいろ大変だろうけど(実体験あり 汗)がんばれ!

(「バンドライフ」編集長・榎本孝一郎)