自分が必要とする音を出すために、さまざまな方法を考え追求することが必要
名前:山田信晴
最終学歴:名古屋音楽大学
現在の所属:名古屋アカデミックウインズ
楽器を始めた頃:小学校
プロになろうと決めた頃:高校
【スティック】
演奏するジャンル、楽器によって材、長さ、太さ、チップの形状等選び方は様々だと思います。最初に持つスティックとしては固さや重さ的にもオールラウンダーと呼ばれているヒッコリー(胡桃)材の物、特に7Aや5Aを手に取る方が多いと思います。反りのないもの、チップや全体のシェイプ・形が揃っているもの、音程が揃っているもの(叩く場所で音程が変わらないもの)、重さが同じものの順でチェックしていきます。

【マレット】
気になったマレットは必ず試奏してから購入するようにしています。店頭にある場合はそれを、ない場)合は所有している知り合いのものを必ず触ってみてから購入します。カタログにある固さ、柔らかさはメーカーによってかなり差がある事と、一口にハードといっても材やサイズによってカン!だったり、コン!だったりと様々な音色があります。柄の部分の材や太さ、重さでもかなり叩き心地や音色に差が出るので出来る限り実物を触って音を出してみる事が重要だと思います。

【ヘッド】
こちらも出来る限り実際そのヘッドを張ってある太鼓の音色を聴いて決めることがかなり重要になってくると思います。厚さが薄ければ薄いほど反応は良くなりますが、音量や耐久性の限界値も狭まります。逆に厚ければ厚いほど反応は鈍くなりますが、音圧、耐久性があがります。

【アマチュア奏者&打楽器素人な指導者へのアドバイス】
叩けば音が鳴る打楽器ですが、奏者の個性が一番引き立つ楽器とも言えます。他の楽器と最も異なる点は奏者自身が楽器のメンテナンスやチューニング、リペア、物によっては楽器作成まで行ってしまえるという点。自分が必要とする音を出すためにはどうすれば良いか、さまざまな方法を考え追求することが必要だと思います。一般的にタブーとされているような方法でも、求めている音色が出せれば決して間違いではない所が打楽器の面白い所でもあります。是非、皆様が求める音色をとことん追求して頂きたいと思います。

【一番好きな吹奏楽曲】
「ダンテの神曲」より第一楽章「地獄篇」/R.W.スミス

【所属楽団のマイベスト1アルバム】
I Hear Him!~マエストロのために~