打楽器初心者でも、何種類かの撥を使って実際に音を出してみると感覚の違いが体感できる
名前:荻原里香
最終学歴:京都市立芸術大学
現在の所属:広島ウインドオーケストラ
楽器を始めた頃:中学校
プロになろうと決めた頃:大学
【スティック】
もし生まれて初めてマイスティックを買うのなら…練習台にも小太鼓にも使える、太め・重めのスティックをお勧めします。腕の動きがまだ定まらないうちは軽すぎるスティックだと軌道がぶれてしまいます。スティックを落とす動作を重力・スティックの重さに助けてもらい、脱力して行いましょう。

また先端が軽すぎるものは小さな音をコントロールしにくいし、先端が重すぎるとリバウンドしにくいのでグリップと先端のバランスはとても大切です。まずコントロールしやすいスティックを購入し、その後はタイプの違うスティックを曲などに合わせて増やしていくと良いと思います。

【マレット】
ティンパニのマレットは大きく分けて柄の部分が木のものと竹のものがあります。私は主に竹バチを使用しています。マレットを選ぶ時もスティック同様バランスを大切にしています。先端が軽すぎず重すぎず、脱力した自分の体重を自然に乗せられるバランス。普段は自分の好きな芯の重さ、竹の長さを指定した特注品を使用していますが、市販品を購入するときは必ず試奏させてもらってバランスや音の響き、硬さなど確かめます。

演奏の際はマレット一組だけでは色々な曲に対応できません。最低でもソフト、ミディアム、ハードと3種類揃えたいものです。そして曲に合わせてまたその3種類と違う音色のマレットを増やしていくと良いと思います。例えばフォルテのロールを長時間演奏するよ うな時はロールがしやすく粒が出にくいマレットを探す、とか…。種類があればあるほど選択肢が広がります。

最近はフェルト部分がフランネルであったり硬質フェルトであったり、変わった素材のマレットがたくさんありますので、基本的なマレットを揃えた後で、少しずつ集め多様な音を楽しんで下さい。

【ヘッド】
小太鼓の場合です。ヘッドを何年も交換していない…という状況をよく見かけます。見るからによく叩いて古びたものや(リムの間に埃が詰まっていることも)凹みがあるヘッドは寿命を過ぎていますので交換して下さい。古い楽器でもヘッドを交換してお手入れすれば、音が変わります!見た目に綺麗なヘッドでも、よく使っている場合は1年ぐらいで交換をお勧めします。

ヘッドも色々なタイプが発売されていますので選ぶのが難しいですよね。今張ってあるヘッドはどんな音色でしょうか?もう古くて音も悪くなっていることでしょうが、今の音を基準にどう変えたいかで新しいヘッドを選ぶと良いと思います。今よりも繊細な音にするのか、しっかりした音にするのか。その上でヘッドの特徴も 考え、それぞれの楽器に合うものを選んで下さい。

新しいヘッドを楽器に張る時は注意が必要です。一度不均一にヘッドを張ってしまうと型がついて良い音を響かせることが難しくなりますので慎重に行って下さい。表と裏のヘッドのピッチの設定、スナッピーを違うものに付け替える、それでまた音色が変わります。試してみて下さい!

【アマチュア奏者&打楽器素人な指導者へのアドバイス】
打楽器や撥類の数は今やたくさんの種類が市販されており、何かを一つ選ぶことは大変難しいです。普段からなるべくたくさんの物に触れる、できるだけ試してみる、そうしながら自分の感覚を養うことが重要です。打楽器を演奏されない指導者の方も、何種類かの撥を使って実際に音を出してみると感覚の違いが体感できると思います。

また演奏している時に聞こえる自分の音と、離れた場所で聞く音が全く違うことがあるので、何かを選定する時打楽器奏者と指導者が交代で音を出し、聞きあい話し合うと音作りのイメージを共有することにもなります。とにかくたくさん体験して、自分ならではの音を探して下さい!

【一番好きな吹奏楽曲】
たくさんあるので一番が決められません…好きな作曲家はネリベル、ジェイガー、アルフレッド・リード…

【所属楽団のマイベスト1アルバム】
風の国