管楽器愛好家のための季刊誌
BAND LIFE Vol.3 秋号
全国書店にて好評発売中!
価格:1,350円+税

全日本吹奏楽コンクール自由曲大研究?

おいおい宗旨替えかよ。と驚く方も多いかもしれませんが、思うところあってこのところ吹奏楽コンクールを研究しているのです。

もちろん、「タイトル曲のヒミツ」に気づいた人はもう大変な盛り上がりを見せている絶好調「響け!ユーフォニアム」とか

DVDが出るのかでナイのか気になる「仰げば尊し」「青空エール」などにシゲキうけちゃった、というのもある。

しかしもちろん、単なるコンクール結果報告をしようっていうわけじゃない。それはもう他誌でばんばんやっているし。

そもそも、音楽を採点して順位をつけることには大反対だし。

それが学校経営やいろんなことにメリットを生んでいるのはわかっているんだけど、そういったムーヴメントの片棒を担ぐつもりは毛頭ない。

だけど、楽曲や演奏には素晴らしいもの、じっくり考えるべきものが多いのも事実。

年間でもっともこの分野の情報量が集中しているのが「全日本吹奏楽コンクール」でもあるのです。

「金賞じゃなきゃ!」と涙ぐむ「響け!」の麗奈や久美子たちに「人生、それだけじゃないじゃん」と声をかけたい気持ちをぐっとこらえて、今回、とある部門の音源を入手し(買いました)こっそり模擬的に採点してみたんです。

で、「こんな採点に意味があるわけない!」と痛感。だってどこもかしこも圧倒的な名演なんだもん。

さらに気になることが発覚。その辺をいま、じっくり煮詰めているところです。

また、過去20年間の自由曲たちをじっくり眺めてみました。ここからも大発見の数々が。

ともかく必死で追体験しています。どんな記事になるか、お楽しみに!

 

(「バンドライフ」編集長・榎本孝一郎)